2017.07.02

めだまろん ザ・レジデンツ・ムービー

観てみた、ドン・ハーディー監督によるドキュメンタリー映画。2015年公開。

「The Residents」は1960年代、ルイジアナで結成されたロックバンド。現在まで存続中の彼らだが、その正体は一切公にされず「目玉」のコスチュームが代表する、人を食った様な活動で知られている。本作はバンド関係者を始め、影響を受けた音楽家等のインタビューを中心に、彼らの実像に迫る…という内容。

同じドキュメンタリーを作るにしても現在も活動中のバンドなんだから、ツアーやレコーディングに密着するというやり方だってあった筈。でも上記事情のお陰でまるで故人や、解散済みのバンドでも扱ったかの様なアプローチになっている辺り面白い。ドキュメンタリーなのに、モキュメンタリーみたいな映画なんだよな。

本作は当然The Residentsの音楽に興味がある人の為の作品だろうけれど、ある種の「謎」を巡る創作劇として観たっていいかもしれない。…予備知識無しに観た人が「こんな人らいる訳ないじゃない」とでも思ってくれたら素晴らしい。

more reading
posted by ぬきやまがいせい at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画