2017.10.13

アイアムアヒーロー

観てみた。大泉洋主演、佐藤信介監督映画。2016年公開。

漫画家として伸び悩む鈴木英雄は、アシスタント仕事の毎日。同居する恋人のアパートを追い出された直後、そんな日常が音を立てて崩壊する。恋人が謎の病原体に感染し、彼に襲いかかって来たのだ。街中に凶暴化した感染者「ZQN」が溢れて、英雄は右往左往しながらも生き残る道を探るのだが…という内容。

原作は花沢健吾の漫画。本作映画版の公開時には連載中だったが、先日完結を迎えた…もののどうも賛否両論。物語としてはあくまで途中ながら映画が結構綺麗にまとまったのを見ると、相当幸運な作品と言ってよいのかもしれない。

本作は和製ゾンビ映画として最高水準を誇ると共に、冴えない主人公が「英雄」として目覚めるヒーロー作品としても見事な出来映え(まあ原作の方がその辺りを否定してしまった様で…)。ゾンビ物のお約束に忠実でそこまで意外性が無いのも確かだが、散弾銃による人体破壊の物量は他にはないんじゃないかな。
posted by ぬきやまがいせい at 21:06 | Comment(0) | 映画