2017.08.03

ボトムズファインダー

見てみた、重田敦司監督によるOVA。2010年発表。

ある惑星にある深い崖下の「ボトムズ」で、頭上の土地に憧れて暮らす青年アキ。彼はある日崖の上「トプ」から来たレッシングという男から、誘拐された議員令嬢捜索の為の協力を依頼される。地下迷宮を進み令嬢を発見したと思いきや、彼を連れ去ったと思しきロボット・Atから攻撃を受ける。ところが…という内容。

本作もCase;IRVINEと同じく、「ボトムズ・フェスティバル」と銘打ったイベントで上映された作品。…内容的には更に攻めた感じで、IRVINEがガンダムで言う宇宙世紀外伝なら本作はアナザーとでも言うか。登場するロボットもAt(アルトロ)と呼ばれるATとは異なる物で、ボトムズの意味するところも本編とは全く違う。

仲々野心的で可能性を感じる内容ながら、IRVINE同様その後に続かなかった。ATより高度な操縦性を感じさせるAtのアクションは見応えあって、サンライズの3DCGロボはこの方向性で発展していったらいいんじゃないかと思う程。
posted by ぬきやまがいせい at 21:54 | Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: