2018.02.09

「アジアの逆襲」石井聰亙&バチラス・アーミー・プロジェクト

barmy.jpg

聴いてみた、日本のポストパンク/ロック・プロジェクト。1983年発表。

かねてよりロック音楽と関わりの深かった映画監督「石井聰亙」(vo.)により結成されたグループが、「Bacillus Army Project‎」。メンバーは花田裕之(g)、下山淳(g)、井上富雄(b)、池畑潤二(dr)というThe Roostersのメンバーが中心となって演奏した他に、何故か小林克也もナレーション等で参加している。

(前回から続く)映画「アジアの逆襲」の劇中音楽は、同監督自身作詞やボーカルまで担当したバンドで当たっているのだから。…本作はそちらの映画のサウンドトラックとしてリリースされたものだが、「ロック」アルバムと呼んでいい内容。

実際出来としては(バックのお陰?)映画監督の副業にしてはしっかりしたもので、石井のボーカルも仲々サマになってる。ただ雰囲気も歌詞も、やけにスターリンを連想させるのが微笑ましい。まあ「爆裂都市」に起用した事からして相当好きだったのだろうな。…その分逆に、Roosters好きは面白くないみたいだけど。
posted by ぬきやまがいせい at 19:26 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: