2022.03.08

ラスト・ワルツ

観てみた、M・スコセッシ監督によるドキュメンタリー映画。1978年公開。

1976年11月25日に、サンフランシスコのウィンターランドで行われたロック・バンド、「The Band」の解散コンサート。ライブ活動の休止を決めた彼らは、多数のゲスト・ミュージシャンと共に演奏を行った。本作は公演当日の模様に、活動を振り返るメンバーのインタビューを織り交ぜて構成されている…という内容。

自分はThe Bandだと1stアルバムを聴いた位で、正直そんなには。なので本作を観るにも、思い入れというのは無かった訳だけど…映像も込みだと思ったより楽しめた。スコセッシ監督も初の音楽映画ながら、最初から仲々の手腕。

まあ音楽自体はバンド自身のより、ゲストの持ち曲を演奏してる時の方が盛り上がった、というのも確か。親分?格のBob Dylanは勿論、Ringo StarrやEric Clapton、(コカインでラリった)Neil Youngと盛り沢山。…どうも内情は色々あったようだが、ロック映画の名作と言う評価自体は揺るがないのでは?
posted by ぬきやまがいせい at 22:46 | Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: