2023.11.26

宇宙快速船

観てみた。千葉真一主演、太田浩児監督映画。1961年公開。

少年宇宙研究会の子供達はある日、謎の宇宙人に襲われる。その時彼らを救ったのが、「宇宙快速船」を駆る覆面の青年だった。子供達は彼の事を「アイアン・シャープ」と名付けるのだが、宇宙人=海王星人の侵略は益々激しさを増す。宇宙科学者・立花真一を始め、人類は対策に追われるのだが…という内容。

サニー千葉の主演による特撮ヒーローもので、「ニュー東映」という映画会社の製作。…東映という名が示す通り、東映の二番線を受け持つ存在だった様だが、ごく短期間で消滅した(ここにも大蔵貢の名前が出て来るのが興味深い)。

子供向けなので他愛ないものの、案外真面目に宇宙人の侵略(海王星人は一切台詞がない)とその対抗を描いている。それより何より本作は特撮がすごい。宇宙人のUFOが行う地上攻撃で壊されるコンビナートやビル群の緻密な爆発に、群衆の合成が違和感なく決まっている。二線級とは決して馬鹿にできない。
posted by ぬきやまがいせい at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック