2018.03.14

魔法の天使クリィミーマミ / ロング・グッドバイ

見てみた、スタジオぴえろ制作によるOVA。1985年発表。

小学校の卒業式を迎えた森沢優。彼女がかつて「クリィミーマミ」として所属した芸能事務所の同僚・めぐみが主演する映画が決まり、制作発表の会場に駆けつけた。だが既に魔法を失った筈の彼女は、何故か再びマミに変身してしまう。しかもその姿を皆に見られ、成り行きで映画に出演する事になって…という内容。

1983年放映のTVアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」の完結編。1984年に発売されたOVA「永遠のワンスモア」から続く話となっている。…しかも劇中映画「二つの世界の物語」は、1995年にPCゲームとして製作された。ぴえろ魔法少女シリーズとして当時大変人気があっただけに、息の長い展開が行われてたのだな。

まあ内容自体はファンサービスそのものなので、その後の優やマミをまた見られるだけで充分という作品だろうけど…今となってはアニメで再現された特撮やフィルム編集の風景等、アナログ撮影技法が何とも懐かしく妙な気分になる。
posted by ぬきやまがいせい at 23:18 | Comment(0) | アニメ

2018.03.13

カーズ2

観てみた、J・ラセター&B・ルイスによる3DCGアニメ映画。2011年公開。

最速のレーサー・マックィーンは、親友のレッカー車・メーターのお節介でF1カー・フランチェスコとの戦いの舞台、世界グランプリに挑戦する事に。一方英国のスパイカー・フィンとホリーは、レース場の裏で進行する陰謀を調査する中で、メーターを米国のスパイと勘違いしてしまう。果たして彼らの運命は…という内容。

2006年に公開された「カーズ」の続編、日本も舞台になっている事で話題になった。…のだけれど前作から一転、レースそっちのけでメーターを主役にしたスパイアクションが展開するという内容の為に、賛否両論という結果に終わった。

まあ個人的にも何か違うという作品だが…これ旧車/珍車好きなら、小ネタだけで楽しめるんじゃないかな。メーターが端々で語る蘊蓄がかなりマニアックな上、敵組織が不人気欠陥車の集まりだけにトラブルあるある話になるのは微苦笑。作品自体には正直疑問もあるものの…楽しみ方は一通りじゃなくてもいいよね。
posted by ぬきやまがいせい at 23:14 | Comment(0) | アニメ

2018.03.11

劇場版MAJOR メジャー 友情の一球(げきじょうばん めじゃー ゆうじょうのうぃにんぐしょっと)

観てみた、加戸誉夫監督によるアニメーション映画。2008年公開。

プロ野球選手・茂野の養子となり、福岡に転校した吾郎。新天地でも野球を続けるべく地元チームの「博多リトル」に入団する事に。だが以前の無理が祟った右肩故障の為に、本来なら投手のところを野手としての参加となった。それでも目覚ましい才能を見せる吾郎に対し、チームメイトの投手・古賀は…という内容。

原作は満田拓也の漫画。本作劇場版は原作でも触れられなかった福岡での活躍と、左投手へ転向する事になったエピソードが描かれる。ノゴローの選手生活で故障は切っても切れない関係にあって、しょっちゅう怪我を押して無理する逸話ばかりの中この上更にもう1つ加わるってのは、凄いと言うか呆れると言うか…

まあそれでも少年編が久し振りに観られたのは良かった。…で本作劇場版の制作は(TVとは違い)スタジオXEBECが担当してるのだけれど、加戸監督×高見明男キャラデザという事で、「うぽって」か「To LOVEる」かという感じがすごい。
posted by ぬきやまがいせい at 22:04 | Comment(0) | アニメ

2018.03.10

たまこラブストーリー

観てみた、山田尚子監督によるアニメーション映画。2014年公開。

京都の商店街で向かい合わせに建つ二軒の餅屋。「たまや」の娘・たまこと「大路屋」の息子・もち蔵は、小さい頃からの幼馴染み。そんな2人が高3になり、もち蔵は東京の大学へ進学を決意する。彼は長年たまこに想いを寄せており、逡巡の末遂に告白した。だがたまこもそれを受けて大いに動揺し…という内容。

2013年に放映されたTVシリーズ「たまこまーけっと」の続編劇場版で、一緒に短編「南の島のデラちゃん」も併映された。そちらはTV本編から映画への導入という意味合いがある様だが…まあ独立した作品として観ても差し支えない感じ。

というか俺TVの内容殆ど忘れてたし。むしろ初々しい恋愛模様をシンプルに描いた事で、TV本編より高い評価を獲得した模様。個人的には「みんな善人」と評される本作でも、TV版には意地悪なクソレズがいたじゃねえか。…という悪印象を覆したみどりちゃんは、多分この映画で一番得したキャラなんじゃないかなと。
posted by ぬきやまがいせい at 21:54 | Comment(0) | アニメ

2018.03.09

言の葉の庭

観てみた、新海誠監督によるアニメーション映画。2013年公開。

ある雨の日、授業をサボって庭園のベンチに雨宿りした高校生・タカオ。そこには年上の女性が先客でおり、昼間からビールを呷っていた。その後雨が降る度顔を合わせる事になったタカオとその女性・ユキノは、次第に気持ちが惹かれ合う様に。将来靴職人になる夢を語る彼に対し、一方のユキノは…という内容。

新海監督の5本目の映画となる中編アニメ。「秒速5センチメートル」同様にSFやファンタジー要素を排すると共に、高校生と成人女性間の恋愛という一般映画的題材に取り組んでいる。…と言うものの本作の場合その年齢差が両者間の「距離」であって、これは同監督でお馴染みの「長距離恋愛」モチーフだろう。

本作はそれ以外にも「雨」や「短歌」に「靴」といったモチーフが鏤められ、情緒面を盛り上げているのだが…反面(次作「君の名は。」と比較すると)あまりストーリーの展開上で機能していない辺りは、まだまだ通過点の作品という印象だな。
posted by ぬきやまがいせい at 21:18 | Comment(0) | アニメ

2018.03.07

planetarian 〜星の人〜

観てみた、津田尚克監督によるアニメーション映画。2016年公開。

文明は荒廃し、空には星の光すら差さなくなった世界。ある日残された少数の人々が暮らす集落に、衰弱した1人の老人が収容される。彼は小型のプラネタリウム投影機を携え、あちこちを巡る「星の人」だった。老人は無人都市でプラネタリウムを孤独に守り続ける、少女型ロボットとの出逢いを語り…という内容。

2004年DL販売で発表されたKeyのゲーム「同〜ちいさなほしのゆめ〜」が原作。アニメ版は2016年にまず過去編が全5話で配信され、その後未来編を加える形で劇場版が製作された。内容的にはポストアポカリプスを舞台にしたSF的題材だが…まあちょっと足りない女の子が死ぬといういつもの鍵作品(暴言)。

だからこれはこういうものとして観られたものの、ロボ子がカウントダウンを始めてからが延々と長くて参ったのだわ。…ロボット三原則にさらりと触れる辺りへえという感じだけど、主人公をバンバン攻撃してきた四本足はどういうこっちゃ。
posted by ぬきやまがいせい at 22:54 | Comment(0) | アニメ

2018.03.06

聖☆おにいさん(せいんと おにいさん)

観てみた、高雄統子監督によるアニメーション映画。2013年公開。

イエスとブッダ。宗教界の2大スターは日頃の重圧を離れ、東京の立川にアパートを借りてささやかなバカンスを楽しんでいた。遊園地やプールとどこに行くにも一緒の2人だが、彼らの隠し切れないオーラは俗人の間で暮らすのに少々大変。それでも2人は物珍しい日本での生活を、心から満喫しており…という内容。

原作は中村光の漫画。2006年連載開始との事だが、現在でも継続中と知ってビックリした(長えバカンスだな)。イエスとブッダが日本で共同生活していたら…というシュールなアイデアを元にした原作を、アニメ映画版の本作もそのまま踏襲している様だが、「仮面ライダーフォーゼ」ネタ等は映画独自要素だとの事。

だから少年達との一連の絡みも映画オリジナル展開らしく、そこだけ何か違和感があったのはそのせいか(シュールギャグではなく人情小咄みたいだったし)。まあどちらかと言うと宗教説話パロディとしての方が、面白く観られたかな。
posted by ぬきやまがいせい at 22:09 | Comment(0) | アニメ

2018.03.04

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

観てみた、本広克行総監督によるアニメーション映画。2015年公開。

潜在的犯罪者を探知し殺害する「シビュラ・システム」が、法制化された未来の日本。政府の実行部隊である公安局刑事課の監察官・常守朱は、かつて同部署の部下で海外に逃亡した執行官・狡噛慎也が東南アジアの某国で反政府活動に身を投じていると知る。朱は現地に飛んで動向を探るのだが…という内容。

2012年放映のTVシリーズの続編。前年に放映されたTV二期とは異なり、一期とほぼ同じ布陣で製作されている。二期では出番が無かった狡噛が活躍する辺り当初からのファンには嬉しいが、舞台が海外の上(怪しげな英語台詞だらけ)派手なドンパチが繰り広げられるという、未来刑事物からは少々離れた内容。

まあキャラのその後が気になる人向けという感じで、シビュラを巡る社会的課題に決着がつく訳ではないので、あってもなくても別に…という続編ではある。とは言え朱ちゃんの説得力(ぢから)と共に、将来への示唆が感じ取れるのでは。
posted by ぬきやまがいせい at 21:56 | Comment(0) | アニメ

2018.03.03

GANTZ:O(がんつ おー)

観てみた、さとうけいいち総監督による3DCGアニメ映画。2016年公開。

通り魔に襲われ絶命した高校生・加藤勝は、その瞬間ある建物の一室に転送されていた。その場に鎮座する黒い球体「GANTZ」の指示に従って、彼は同じ境遇にある数名の仲間と共に、謎の敵を倒す任務に就く事となる。彼らが送り込まれたのは大阪の街。そこには恐るべき強敵が待ち受けており…という内容。

原作は奥浩哉の漫画。本作はその中の「大阪編」を採り上げ(だから多分OはOsakaのO)、3DCGアニメとして製作している。…その為展開は割と唐突なものの一応順序立てた説明があるし、何より一回の戦闘をノンストップで描き切るシンプルなストーリーは、GANTZ映像化として最も成功していると思われる。

特に実写を意識したCG映像(手持ちカメラ風の絵作りが効果を上げている)は、原作の持ち味ととても相性が良い。まあ原作からしてCG作画だから、当たり前だな。…しかしさとう監督って色々やってるな。いぬやしきのアニメもなのか。
posted by ぬきやまがいせい at 22:23 | Comment(0) | アニメ

2018.02.28

レッドタートル / ある島の物語

観てみた、マイケル・D・ドゥ・ヴィット監督によるアニメ映画。2016年公開。

遭難し無人島に漂着した男。彼は筏を組んで脱出を試みるのだが、その都度謎の妨害を受け島に戻されてしまう。再び筏が壊れた際、彼の前に赤い大海亀が姿を見せる。男は腹を立てて亀に暴力を振るったのだが、良心の呵責から亀を介抱する。その後甲羅の中から現れたのは、美しい人間の女で…という内容。

短編作「岸辺のふたり」がアカデミーアニメ部門賞に輝く、同監督による初長編。本作もカンヌ映画祭で、ある視点部門特別賞を獲得した。…製作にはスタジオジブリが参加しており、高畑勲がプロデューサーとして関わっているとの事。

本作には台詞らしい台詞も無く、一見難解なアートアニメみたいだが…要するに「鶴の恩返し」等でよく見られるパターンの話(異類婚姻譚という)。世界中に同種の類型が存在する様で、監督の出身地にもあるんじゃないか。だから「まんがオランダ昔話」だと思えば、成程ジブリが関係してて別に不思議じゃないよなと。
posted by ぬきやまがいせい at 22:35 | Comment(0) | アニメ

2018.02.27

時の支配者

観てみた、ルネ・ラルー監督によるアニメーション映画。1982年公開。

両親を巨大蜂に殺され、遠隔の惑星で救援を待つ少年ピエール。宇宙船上で救助信号を受けたジャファールは、通信機を介して彼と連絡を取り合う。途中シルバード老人と合流し、偶然同乗していたマトン王子・ベル王女と共に旅を急ぐ。果たして救助は間に合うのか、そして「タイムマスター」とは?…という内容。

「ファンタスティック・プラネット」のラルー監督だけに、やはり奇妙な雰囲気の漂うSF作品だが…本作の脚本にはメビウスも参加しているとの事。またメビウスは作画や美術設定を担当しており、砂漠に点在する巨大でモニュメンタルな風景を舞台にする辺りなど「アルザック」等、彼のバンドデシネ作品そのままだな。

だから正直お話どうこうより「動くメビウスの絵」が見所なのは間違いなかろう。どうせなら本作の様なスピリチュアル?なのより、アクション中心で見たかった気はするけど…まあ今となっては貴重さ故に、代わりの無い作品なのは確か。
posted by ぬきやまがいせい at 20:19 | Comment(0) | アニメ

2017.12.20

怪盗グルーのミニオン危機一発

観てみた、ピエール・コフィン監督他による3DCGアニメ映画。2013年公開。

泥棒稼業から足を洗ったグルーは、三姉妹の父親代わりとして人工生命体・ミニオン達と共に奮闘していた。そんなある日彼は「反悪党同盟」なる秘密組織の依頼で、女性エージェント・ルーシーと共に盗まれた危険物質の捜索をする事に。彼はある男が死んだ筈の怪盗・エルマッチョではないかと睨み…という内容。

観始めてからおやと思ったんだけど、本作は「怪盗グルーの月泥棒 3D」という作品の続編だったのね。まあ内容を理解する事自体には大して問題にはならなかったものの、よく判らんオッサンが色恋で浮かれてるのを見せられてもなあ…

とは言え人気のキャラクター「ミニオン」達が、ワイワイと騒ぐ様を見ているだけでも楽しい。つかまあそれ以外別にないしな。本作の制作はイルミネーション・エンターテインメントという聞き慣れない所で、まだミニオンシリーズしか目玉作品は無い様だけれど…つまり、ミニオンだけに目玉という事ですな(親父ギャグ)。
posted by ぬきやまがいせい at 21:31 | Comment(0) | アニメ

2017.12.18

ファンタジア

観てみた、ベン・シャープスティーン監督によるアニメ映画。1940年公開。

レオポルド・ストコフスキーが指揮するフィラデルフィア管弦楽団のクラシックに、ディズニースタジオによる動画を組み合わせた音楽アニメ映画。ナレーションはウォルト・ディズニー自身が担当し、高い芸術性を目指した…という内容。

一般的にはミッキーマウスが登場する「魔法使いの弟子」が有名だと思うけど、実は2時間以上もある本編中で10分程度のもの。それ以外はクラシックに添えられたイメージ映像が延々続く感じで、ミッキー目当てに観た子供は痛い目…というか眠い目を見る。いやまあ大人でも、サウンドトラックくんの辺りで寝るがな。

とは言え本作が1940年に作られたというのはやはりとんでもない。その驚きだけで一見の価値はあるが、個人的には「はげ山の一夜」辺りはIron Maidenのジャケット絵がそのまま動いた感じで楽しめた。あと「春の祭典」での恐竜映像も面白いけれど…今となってはツッコミ所満載の復元で、その辺りも興味深い。
posted by ぬきやまがいせい at 21:14 | Comment(0) | アニメ

2017.12.17

ウォーターシップダウンのうさぎたち

観てみた、マーティン・ローゼン監督によるアニメ映画。1979年公開。

草原で暮らす牡兎ヘイズルの弟ファイバーは、この地に災いが起きると予言する。若い兎達は群れから抜け出し、予言の丘を目指し走る。故郷は人間の手で滅ぼされたものの、彼らは苦しい旅の果て安息の地に辿り着いた。だが彼らの群れには牝兎がおらず、近隣から牝を呼び寄せようとするのだが…という内容。

リチャード・アダムスの児童小説をアニメ映画化した本作。公開当時本国イギリスでは、Art Garfunkelの主題歌共々大ヒットしたとの事だが…個人的にはガンダムの外伝企画「Advance Of Z」のモチーフになった事から興味を持った。

ヘイズルを始めビグウィグやハイゼンスレイ等、MSのネーミング元が色々と判って仲々面白い(ウーンドウォートってオッサン兎かよ)。…内容自体神話的な英雄譚といった趣きでユニークなのだが、兎の作画がデフォルメや擬人化でないまさに兎という辺りも良かった。うちで今飼ってる兎よりはだいぶ勇ましいな。
posted by ぬきやまがいせい at 21:38 | Comment(0) | アニメ

2017.10.03

リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード

観てみた、吉成曜監督によるアニメーション映画。2015年公開。

魔法学校ルーナノヴァの落ちこぼれ生徒・アッコを始めとする6名は、街で毎年行われている魔女パレードの開催を課題として与えられる。魔女の悲惨な歴史を描いたその内容を潔しとしないアッコは、「ハッピータイム計画」と題した魔女の素晴らしさを人々に訴える催しを、新たに演じる事にしたのだが…という内容。

文化庁によるアニメ育成企画、「アニメミライ」の1本として製作された「リトルウィッチアカデミア」。本作はその続編となる中編映画で、2017年には新規に全26話のTVシリーズも放映された。…当シリーズは国外の人気が高い事でも知られており、海外のクラウドファンディングでも熱心なファンからの出資が集まった。

筆者TV版の方を先に見ていたので、順番がテレコになってしまったんだけど。…まあこのシリーズは正直アッコみたいに、いい所もあれば悪い所もある。でも長所も短所もひっくるめて、「かくあれかし」と肯定したくなる作品なんだよなあ。
posted by ぬきやまがいせい at 22:40 | Comment(0) | アニメ

2017.09.05

インサイド・ヘッド

観てみた、ピート・ドクター監督による3DCGアニメ映画。2015年公開。

頭の中には5つの「感情」が存在し、司令部と呼ばれる場所に陣取った彼らが人間を制御していた。11歳の少女ライリーもそうして人生を歩んで来たが、引っ越しによる生活の激変で感情達の仕事に狂いが生じて来る。更に大事な記憶の取り扱いに失敗し、ヨロコビとカナシミが外に放り出されてしまい…という内容。

感情やイメージといった脳内の働きを、擬人化して描いたユニークな作品。なのだけれど、話の方が終始陰々滅々としていてしんどい。まあ現実の少女の陰気さに反して、脳内は明るく騒がしいが…そういう頭の内と外で対比的なストーリーが同時進行するというと「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」だな。

個人的には正直「泣ける」と言われても、まるでピンと来なかったけど(帰マンのサータンぽいのが消える場面?)…睡眠時の記憶の整理や夢を見る際のシステムを、子供向けに映像として噛み砕いて見せた辺りは、感心してしまう。
posted by ぬきやまがいせい at 23:55 | Comment(0) | アニメ

2017.09.04

アニメドキュメント 女川中バスケ部 5人の夏

見てみた、宇田鋼之介監督による中編アニメ番組。2017年放映。

東日本大震災の後。宮城県にある女川中学校の女子バスケ部では、生徒が減る中残された僅かな部員で全国大会出場を目指していた。卒業を目前に控えた三年生メンバー5人を中心に、東北大会にコマを進めたのだが…という内容。

女川中バスケ部の実話を題材にしたアニメを中心に、その後の本人達の姿を併せて伝える「アニメドキュメント」(アニメンタリー?、と思ったけどそれじゃ「決断」だ)。NHK-BSで放映された当番組だが、果たしてどの程度見られたのか…アニメ作品として思った以上に良かったので、僭越ながら当欄でも紹介しておく。

宇田監督は「銀河へキックオフ!!」を手掛けただけあって、女子スポーツ物として見ても楽しめるけれど…題材的に単なる興味本位で接するには、少々複雑な気分になるのも確か。とは言え独特の距離感と共に押しつけがましくない「記録」に接して、暖かだったり爽やかだったり(萌えだったり)な気持になれるかも。
posted by ぬきやまがいせい at 21:45 | Comment(0) | アニメ

2017.09.03

LEGOバットマン:ザ・ムービー / ヒーロー大集合

見てみた、ジョン・バートン監督によるビデオ・アニメ映画。2013年発表。

レゴの世界でも悪党とヒーロー達が戦っていた。バットマンはパーティーに乱入した、ジョーカーを始めとする怪人共を一斉に捕縛するも、次期大統領の座を狙うスーパーマンの宿敵・ルーサーにより解き放たれてしまう。ルーサーが放つクリプトナイトを動力とする兵器で倒された、ヒーロー達の運命は…という内容。

CG映像でレゴを動かすという作品は「LEGOムービー」(2014年)で広く知られた感があるが、実はそれ以前から製作されていたらしい。現在TV東京の「レゴタイム」で放映している様なシリーズがそうだし、スターウォーズ等の既存作品を元ネタにしたものも結構ある。…で本作がバットマンを始めとするDCヒーロー。

「ムービー」と銘打っている割には最初からDVDでの発表だった様だが…子供向けと侮るには案外凝った内容で、バットマンとスーパーマンの緊張感ある関係やジャスティスリーグの一足早い登場など、詳しい人ほど楽しめるのでは?
posted by ぬきやまがいせい at 23:44 | Comment(0) | アニメ

2017.08.25

時空の旅人(ときのたびびと)

観てみた、真崎守監督によるアニメーション映画。1986年公開。

女子高生・早坂哲子が乗るマイクロバス。その車内に見知らぬ少年が乗り込み、奇妙な装置を取り付けた。その瞬間バスはタイムスリップし、哲子を始めとする同乗者5名は過去への旅に出る。その少年・ジロは、未来の管理社会から逃れて来たのだと言う。更に彼らを捕らえんとする、追跡者まで現れて…という内容。

原作は眉村卓作の小説「とらえられたスクールバス」で、こちらをアニメとして角川映画により製作されたのが本作(同時上映は「火の鳥 鳳凰編」)。…キャラクターデザインに萩尾望都を起用している辺り興味深いけれど、当時社長だった角川春樹自身の手による「俳句」が随所に挿入されているのも不思議な感覚だ。

角川映画はタイムスリップしたら、織田信長と仲良くしないと気が済まないのか…と思ったものの、他は戦国自衛隊位だったか。今となっては実に古色蒼然たる内容だけど、川尻善昭や梅津泰臣による作画は今観てもパワーを感じるね。
posted by ぬきやまがいせい at 23:16 | Comment(0) | アニメ

2017.08.05

ルパン三世 GREEN VS RED

見てみた、宮繁之監督によるオリジナル・ビデオ・アニメ。2008年発表。

顔も素性も微妙に異なる「ルパン三世」を名乗る泥棒が、世界中で活動していた。日本に全てのルパンが詰めかけた際、あるラーメン屋の店員・ヤスオもまた緑色のジャケットを着込んでその中に加わる。彼は「アイス・キューブ」と呼ばれる謎の秘宝を求めて、赤色のジャケットのルパンと対決するのだが…という内容。

ルパン三世生誕40周年記念作品として製作されたOVA。画面上に大勢のルパンが登場するのは「どっちが勝つか三代目!」を連想させるけど、これまで多数の作品が作られて来た同作をメタ的な視点から語った、観念的な内容でもある。

ただテイスト自体はTVSPの雰囲気を踏襲しているので、「峰不二子という女」や所謂小池ルパンが見せた斬新な解釈には及んでいないかなあと。…今作るとしたらそうした「BLUE」ルパンも含めるのかもなと妄想してしまうけれど、幻となった「押井ルパン」も暗に採り入れている辺りの徹底振りは、結構すごいよね。
posted by ぬきやまがいせい at 23:14 | Comment(0) | アニメ