2007.08.13

スカイガールズ

4話目まで見た。

…まあツッコミどころは色々あるのだけれど、某犬監督のメカエッセイみたいに妙に大人げないのもどうかと思う訳で。そもそもデザイナーの持つ世界観があって、そこにストーリーを添わせたというのが当作品にとっての本質だろう。そういった要素を、端から無視するにもいかない。

ただ逆に、ソニックダイバーというガジェットに「見掛け」以上の魅力が乏しいのもまた確か。スマートなシルエットやディティールのメカメカしさは実際良いのだが、コンセプト自体は…外骨格型のパワードスーツに飛行に伴う変形機構を備えたもの、と簡単に説明できてしまうしね。

個人的には、やっぱウソ混じりでも「空力」要素は欲しかったな。人型になる必然に「手足が空気を掴み手繰り寄せる」、みたいなニュアンス(姿勢制御やマニューバで)があったらちょっと素敵だったかも。

posted by ぬきやまがいせい at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.08.11

CODE-E

4話目まで見た。

見ていて連想したのが、星里もちるの少年キャプテン連載作「危険がウォーキング」。ヒロインの特異体質がプロットの中心になっていて、それが物理的な危険を伴うあたり顕著な共通性が見られるかも。

ただそちらと比較すると本作は、体質的な特異性が主人公にとって深刻な悩みになっていて、見ていて結構しんどい。ヒロインが周囲の他人に対して作る心情的な「壁」が、作風の地味さと相俟ってどうも痛々しく感じられる。…でも逆にそれが「リアルさ」というか、近未来の学校生活に投げ込まれた「仮定」としての描写が丁寧な点は褒めてよい要素だと思う。

…しかし、ヒロインのルックス的な魅力の乏しさは如何ともしがたいな。本作の場合派手にしたら良いというものでもないだろうが、(性格的な反映を踏まえても)もっと媚びてよかったんじゃないかねえ。
posted by ぬきやまがいせい at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.08.10

ムシウタ

5話目まで見た。

これはつまりあれか、「甲虫王者ムシキング」なのか。アニメしか知らんけど「ローリングドライバー」とか「アースクエイクスロー」なんてなカッコよさげな技で相手をやっつけるという、バトル的なあれか(…そうなると、技解説の「ムシキング教室」みたいなコーナーが無いのはよろしくないな)。

…まあ実際には「蟲」に取り憑かれた人々が、その身に受けた力ゆえに社会的な弾圧を受ける話。ただ主人公が(立場上)その弾圧に回る側だというのはなかなか面白い。なんか変なコスチュームだけど。

蟲というものが、霊的な現象というより一種の「伝染病」みたいな感覚で人々に受け止められているというのも割と興味深い。幽霊みたいに茫漠としたものじゃなく、現実的な脅威として現に存在するのだから当たり前ではあるのだけれど…要するに、全部「蟲の仕業ですな」という事で。
posted by ぬきやまがいせい at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.07.28

ZOMBIE-LOAN ゾンビローン

4話目まで見た。

失礼な言い方かもしれないが、この手の作品としては意外なほど設定がよく練られていて驚いた。…特に「首の輪」ってのが結構面白くて感心する。死神どうこうもそうなんだけど、それ以上に人に付ける「目印」としては前後左右から見える割に、服装次第では隠れてしまう訳で。

ただ逆に本作の場合、キャラに関しては結構類型的な所に収まってしまってるんだけど。…原作者が2人組だというのは自分でも知ってる有名な話で、各人の持ち味があるとしたらそういう辺りなのかな、と。

確かに一方の作者の「ローゼンメイデン」なんかは喋って動く「ドール」という最初のワンアイデア以外は、キャラクターありきの作品だよねえ(アリスゲームとか…正直どうでもいいよな)。…それでも本作のヒロインが、自分を取り巻く環境や人間関係から一歩踏み出す描写は良い。
posted by ぬきやまがいせい at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ

2007.07.27

BUZZER BEATER

4話目まで見た。

なんだこれ、いわゆる「第二期」ってやつだったのかよ。この前作となるシリーズは以前WOWOWで放映されたもので、本作は直接の続編に当たる。らしい。…というのも、筆者そちらの方は見ていないもんで。

しかし余りの不親切さにビックリだ。本作が続編だなんて、放送を見てるだけでは判らないし、てっきり数話分見逃したと思った(wikipediaをチェックして漸く理解した)。…まあ別の局に跨ってシリーズが続くってのは大して珍しくもないけど、大抵は都落ちっぽい雰囲気あるし(例えば地上波V局→U局のグラヴィオンとか、地上波→BSのガールズブラボーや蟲師とか…挙げたのはフジばかりだが枚挙に暇がない)…逆のパターンとはまた。

内容も、原作を中途半端に読んだ身としてはだいぶ意外だ。…ひたすらユルいバスケの試合が続いてた気がするんだけど…違ったかな?
posted by ぬきやまがいせい at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.07.26

ななついろ★ドロップス

4話目まで見た。

自分は原作ゲームは知らないのだが(因みにのいぢ原画のユニゾン製ゲームだと、忘レナ草だけはプレイした)なんつうか、最近の同傾向の作品のハイブリッドとでも言うか。まるでCLAMP作品(これはまあ勿論)か、介錯作品みたいな感じだなあと。…特になんなんだ、この介錯臭は。

王子様っぽいキャラこそいないけど、本作全体にみなぎるウサンクサさが何とも介錯。…でも内容自体はまるで、バトル抜きの無印「なのは」。今のところ初期のジュエルシード集めの話まんまだけど、これからフェイトみたいな存在が出る事もなさそうだし、そういう意味では真っ当だな。

それでものいぢデザインのキャラクターには、やっぱり「華」があるなと再確認。本作でも作画陣がそれを支えている。…でも「きらレボ」みたいに、キャラが急にデフォルメ等身になる演出は…どうもなあ。
posted by ぬきやまがいせい at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.06.12

トップをねらえ2!

見てみた。名作OVAの続編、全6話。宇宙パイロットを目指すアンドロイド少女ノノと、巨大ロボ・バスターマシンを操る能力を持つトップレスと呼ばれる少女ラルクとの出会い、そして迎える人類の危機を描く。

面白かった。…本作が「続編」である事は少なくとも間違いない訳で、そうした理由で賛否両論噴出するのもまた避けようのない事実。でも本作の場合言ってみたら「規模の大きなウソ」をつくため、旧トップをエクスキューズに用いたのでは?、と勘繰ってしまう(勿論いい意味で)。

だが旧作と比較すると本作は、どうも「陰湿」だなあと。旧トップが常に右肩上がりの陽性の内容としたら、2は起伏の激しい乱高下。更に感情移入しにくいラルクのキャラのお陰で、最終的なカタルシスも今一つ…

それでもノノは本当に魅力的なキャラクターだし、まさにノノという存在を成立させる為にこそ、本作は「トップ続編」でなければね。
posted by ぬきやまがいせい at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.06.09

攻殻機動隊S.A.C. Solid State Society

見てみた。「STAND ALONE COMPLEX」シリーズ、第3作となる長編OVA。

草薙素子少佐の失踪から2年、公安9課各員はトグサを隊長としてそれぞれの任務に当たっていた。そんな中亡命中の某国独裁者、及びその関係者が次々と自殺していく。その中の一人が残した言葉「傀儡廻」。それはどうやら、謎のハッカーを意味しているらしいのだが…という内容。

これは面白い。前作「2nd GIG」でも見られた、現在の日本で起きる社会的問題を、同作的な世界観の持ち味として変換する手法が、完成の域で提示されている(…正直謎解きとして見ても、完全に「やられた」)。

シリーズも3作目になって流石に新鮮さは薄れたものの、物語上のミスディレクションや、キャラの立場の微妙な変化で緊張感を保っている(タチコマ達の復活も素直に嬉しい)。…にしてもSACのバトーは、相変わらず車の趣味がいい(前回がランチア・ストラトスで、今回はGT-40か!)。
posted by ぬきやまがいせい at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.06.06

電脳コイル

4話目まで見た。…磯光雄って人が監督としてどんな作品を作るか、というのは非常に興味がある訳で。そういう意味では、実際にこうして放映された本作「電脳コイル」は、結構意外な作品だったのかも。

磯氏といえば、プロダクションI.G.でリアリズムに基づく超絶作画をするスーパーアニメーター、としたイメージがまずある…と言っても自分の知識では、旧劇場版エヴァで弐号機の作画を担当した人、という程度だが(やっぱ自分では、映像見て担当原画家を見分けるのなんかムリ)。

でもまあ、そうした過去仕事から抱いた印象からでは、本作の「電脳空間」+「駄菓子文化」(更にプラスして、ある種の「呪術」的表現)みたいな作風は正直予想外。…だからこそ面白いという話なのだけれど。

それにしても、毎回作画陣にすごい名前が並んでいて驚く。監督に必要な資質に「人脈」ってあるらしいけど、そういう意味でも磯氏は一流だ。
posted by ぬきやまがいせい at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ

2007.05.29

スカルマン

5話目まで見た。

「ヒーローもの」じゃなく、「怪人もの」だと思って見ればすんなり来るみたいだな。…まあ「主人公≠ヒーロー」という作品も過去には幾つかあった訳で(例えば「ダイヤモンド・アイ」や「アイアンキング」等)そういう系譜の一本と見ても、別に構わないだろうとは思う。ただ個人的に連想するのは、ガストン・ルルー作の小説やその映画化である「オペラ(座)の怪人」。

まさに「怪人」による「復讐劇」という内容が両作で合致するのだが、そういや「仮面」まで被っているね。今回本作で、実に出渕氏らしいデザインが見られてちょっと嬉しかったりするのだけれど…

現代的に手直しされた新デザインを見て、旧スカルマンが映像化の際に蹴られ仮面ライダー(バッタ)となったのは、規制や配慮がどうより「黄金バット」のパクリになってしまうからじゃないか?…と邪推してしまったよ。

more reading
posted by ぬきやまがいせい at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.28

ブレイブ ストーリー

観てみた、宮部みゆき原作によるファンタジー・アニメ映画。06年公開。

小学生の主人公ワタルは、転校生の少年ミツルに導かれるように異世界に足を踏み入れる事になる。彼の旅の目的は「家族」を取り戻す事。様々な人々との出会いを経てワタルは成長していくのだが、異世界で再会したミツルは魔導士として人々に脅威を与える存在だった…という内容。

…原作は未読なんだけれど本作を観た限りでは、正統的な異世界ファンタジーと言ってよさそうだな。「正統的」という表現が妥当か判らないけど、個人的にそれは(主人公にとって)異世界での経験が、ある種の「通過儀礼」となる構造を持つ作品の事だと思う。

主人公に成長を促す「特別な体験」の具象化がつまり「異世界」。…そして本作では「人との関わり」が同時に加わる。だからこそ(安直なようで決してそうではない)主人公の出した結論に「成長」を実感できる。
posted by ぬきやまがいせい at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.19

らき☆すた

6話目まで見た。誕生の正確な時期や作品を指摘するのは難しいと思うけれど、新聞連載作から辿るといわゆる「4コマ漫画」という形態は、戦前まで遡る事が出来る。…そういう意味では少なくとも、現在の(手塚治虫発祥とされる)「ストーリー漫画」より歴史あるものと断言してまずよいだろう。

だが逆にアニメ作品の原作としては、やはり少数派に属するのは間違いない。「サザエさん」のような特異な例外を別にしたら、現在の「萌え4コマ」アニメは、「あずまんが大王」をルーツ…というか直接の「起点」に持つ。

…なんてつい当たり前な事を書いてしまったけど、要するに今現在になっても方法論が未成熟だな、と。同傾向の原作のアニメ化としては、個人的に「ひだまりスケッチ」に見られるアプローチを支持するのだが、つまり何を「プラスα」するか(他媒体の原作と異なり「マイナスβ」は考慮の必要が無い)結局この1点を取捨選択するセンスに尽きるという事なんじゃないかな。
posted by ぬきやまがいせい at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.18

sola

6話目まで見た…多分。確認しようにも、OHPが不親切でかなわん。

本作は予備知識なしで見始めたのだが…最初は例によってエロゲ原作のアニメかと思った(キャラが七尾奈留だし)。でしばらく見続けてると、どっかの泣きゲ原作アニメのような気がした(原作、久弥直樹だし)。更に見続けるといきなりバトルが始まったもんで、てっきりガンガン系原作のアニメかと。…結局上記スタッフの名前を聞いて、色々納得したり。

…「ONE」や「Kanon」で、各キャラに好物の設定を用意する事を提案したのはこの人(久弥)らしい。本作でも「トマトしるこ」なる、謎のドリンクを登場させたりと相変わらずなご様子。でも流石に「好物設定」も飽和状態だから、架空の食物を用意するしかないって事なのかねえ。

全体的な印象は半分の話数を経過した今でも、何だか茫漠とした感じ。作品の雰囲気自体はいいんだけど、能登の若作りみたいな演技がどうもな…
posted by ぬきやまがいせい at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.15

怪物王女

4話目まで見た…バトルものじゃんかこれ。

事前情報として「萌え化怪物くん」みたいな話を聞いていたから、てっきりもっとユルい日常ドタバタを想像していたら…まあ、迫真の闘いを繰り広げているかと言われたら、別にそうでもないけれど。

だから個人的にはかなりイメージ的な落差を感じてしまったせいで、戦った敵が(モンスター相手とは言え)普通に死んでしまう本作の内容には少々抵抗があったりして。…でもそんな事情こっちの勝手な都合だから、徐々に慣れるしか無いって話だな。うん、トルメキア王家よろしく王族同士の血みどろの闘争劇というのも、それはそれで結構面白くなりそうかも?

…全然関係無い話だけど、「チェーンソー」ってイメージよりも案外切れないもんなんだよねえ。筆者丸太を切る機会があったんだけど、梃子を利用してガッチリ押し付けでもしないと、なかなか切れなかったなあ。

posted by ぬきやまがいせい at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.14

ぼくらの

5話目まで見た…現在のところ個人的には、今期アニメ新番組の最高作。

これも筆者、原作は未読なのだけれど。いや、同じ作者の前作「なるたる」を読んで、正直懲りてしまったって事もあるし。だから本作の基本的なプロット(操縦したパイロットが確実に死ぬロボットって…いやはや)を耳にしただけで、目の前が真っ暗になる思いがして来たもんで…ねえ。

だから実際のところどんなもんかと、今回アニメ版をおそるおそる見てみたら…ああ、こりゃあ面白いわ。思っていたよりも「ストーリー」が全体を牽引していく感じ(…こんな意地悪な設定作って本当にお話が成立するのか?、と半信半疑だった)。まだ話の始めで、各キャラの掘り下げより全体的な状況が動く様子が、基本的な設定を知った上でも実にスリリング。

監督は「猫の恩返し」の人という事で、すでに原作をかなり改変して来ているらしいけれど、各キャラの情感を丁寧に追う演出が心憎い。
posted by ぬきやまがいせい at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.12

精霊の守り人

6話目まで見た…地味にすごい作品、まさに。NHKでなければ企画そのものが成立しなかっただろうな、なんて考えると公共放送の有り難さもひとしお? 神山監督にとっても、「攻殻機動隊」以降の作品として注視される中で来たのがこれというのは、仲々に期待以上かも。

筆者例によって原作未読なので、そういう意味だと自分がこの作品について語れる事は、まだ憶測の域を越えないと思う。でもまあ今の段階で大体状況が一段落したみたいなので、ちょっと印象を綴ってみよう。

この作品からはアジア的「ファンタジー」というより、どこか「民俗学」的な香りがする。そうした関係の本を読んでいると、現実の人物や営みに関する記述ではなく、まるで異界がどこかで実際に口を開けているような…あんな雰囲気がある。まあそりゃ、原作者がその道の専門家だしな。…同時に、細やかな日常のディティールの積み重ねも見逃せない。

posted by ぬきやまがいせい at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.11

アイドルマスター XENOGLOSSIA

5話目まで見た。…という訳で、自分は元のゲーム版アイドルマスターは知らないよ。何が「という訳」か知らんけど(一応断っとかないと、この話色々面倒だし)。まあこれから書くのは、そういう前提での感想だという話。

だから原作との相違点なんか知りようが無いし、逆に知らないから気にもならない。…そういう視点から眺めてみると、個人的には逆に「舞-HiME」シリーズとの共通性の方が目につくかも。詳しくは知らないが、本作の企画自体が同シリーズからの転用とも聞くし、当然と言えば当然か。

一方でロボットと少年少女との関係が、初期「勇者シリーズ」を連想させたり。でも勇者ロボが「父性」の象徴だとしたら、本作のインベルは同時に一種の「庇護対象」でもある。更に操縦という行為に「マスター」の持つ「母性=親性」が直接関わるという…ああ、つまり「ブレンパワード」か。なんて、サンライズ作品の一連の系譜を眺める思いがしてちょっと面白い。
posted by ぬきやまがいせい at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.10

ロミオ×ジュリエット

4話目まで見た。

これも今期のGONZO。直接シリーズみたいに銘打ってはいないけれど、「厳窟王」と同様な世界名作文学のアニメ化作品。原作は言わずと知れたシェイクスピア…本人らしき人物も劇中に登場している。

筆者その原作の戯曲の方は、恥ずかしながら未読なのだが(またこれも積んじゃってるなあ…)、代わりにフランコ・ゼフィレッリ監督の映画版なら観たっけ。ジュリエットを演じるのは当時15歳のオリヴィア・ハッセー…後の布施明夫人である(なんつって)。これもいい作品だった。

で本作なのだが、ストーリーや設定に案外大胆なアレンジを施している。…とは言っても物語の骨子である、「対立する2つの家系に引き裂かれる恋人達」という悲劇的要素は不変なので余り違和感は無い。でも今後はどうなるか? ハッピーエンドになりそうな予感が…いや、それも望む所よ。
posted by ぬきやまがいせい at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.09

風のスティグマ

4話目まで見た。…案外嫌いじゃないんだけど、これ。でも典型的な「ラノベ原作ものアニメ」な印象があるというのも、まあ確か。

あれだ、何だか「オーフェン」っぽいんだな。まず主人公の男性とヒロインの少女、それに弟的キャラの3人が基本ユニット。そして主人公は強大な術者で、過去に所属した組織から追放や離脱した経歴がある…

とか、こんな風に共通点を探してあげつらうのが本意ではないので、これで止めよう。(筆者はそう詳しくないけど)こうした要素はある意味、「王道」と言って差し支えないんじゃないかな(…実際似たような要素を持ち合わせてる「BBB」よりも、遙かにマシな内容だって思う)。

「風」や「炎」の属性に基づく能力の設定がありきたりだ、という指摘はもっともなのだが、これも上述の要素と同列な「王道」だよね。…しかし今期のゴンゾアニメは、王道というか真っ当だな(…いやそれ以前が異j
posted by ぬきやまがいせい at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007.05.08

おおきく振りかぶって

4話目まで見た…てか、めっちゃ面白い。

と言っても原作は未読なので、物語的にはほんのさわりの部分でしかないのだろうけれど、本作の特徴と言うか「特異性」はこれで充分わかった(…事にして話を進める)。確かに、実に現代的な「野球漫画」だ。

本作で印象的なのは、通常練習や基礎トレーニングの描写をあえてせずに、「ソフト面の強化」を前面に出すところ。イメージトレーニングや精神面のコントロールの必要性はもはや常識だが、斬新な切り口だ。

そしてキャッチャーの重要性の強調。野球漫画ならば当然ピッチャーこそが主人公として試合の中心になる所を、キャッチャーの「分析」やリードに従属するものとして描いている。これ(分析的態度)は「人間関係全般」にもあてはまり、常に戦略・戦術的なかけひきが行われるという、妙なスリルがある。…いや端から見ていると、すごく疲れそうなんだけどねえ。
posted by ぬきやまがいせい at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ