2006.11.05

リーンの翼

見てみた。Gyaoの全話放送で(…明日12:00まで、急げ)。

本作の全体的なニュアンスとしては、作品の出発点となった「聖戦士ダンバイン」を現在の視点で再解釈し、コンパクトに整理し直した感じ。

ただダンバインをあまり念頭に置くと、オーラバトラーの印象の薄さに拍子抜けしてしまう事もありうる(…巨大化もまんまだよなあ、とか)。だが映像的なイメージのインパクトや美しさは、さすがだなあと思う。

ストーリー的には、今現在ではこの世代の作家以外には触れる事を許されないような内容(…年齢どうこう以上に、近い実体験が伴わないとどうしても薄っぺらくなってしまう)にまで立ち入っていて少しばかり驚くと共に、富野氏の内面的変化が伺われるかのようで興味深い。

「個人の妄執」が全てを牽引する本作自体、「情念の産物」かもしれない。
posted by ぬきやまがいせい at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウオーズ-

4話目まで見た。筆者、原作のゲームはよく知らないので(以前、長谷川裕一氏の漫画読んだ程度)何ともなんだけど。だから本作もタイトルこそ「スパロボ」だけど、オリジナルのロボット作品として見る他ない感じ。

そういう視点からだと…うーん、じつに古風な感じ? 主人公のキャラがいかにもな、イライラさせるような「馬鹿」で(成長を描くためにわざと増長させたり、暴走させたり…判るんだけど)。昔のアニメにはよくいたよなこういうヤツ、とか逆に微笑ましく思ったり(…思わねえよ)。

でも指示違反や連携無視と、「戦術」に欠陥があると戦闘に負ける、って概念を当たり前に描いているのはいいかも(ゲームの天才がロボの操縦でも才能を発揮する…みたいな最近のありがち設定を外している)。

そうした、いい意味での「古風」さが見られたら楽しいかもね。
posted by ぬきやまがいせい at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

くじびきアンバランス

4話目まで見た。…いいね、これ。

自分は原作(げんしけんの事じゃなくて、小説とか)や前アニメシリーズ?は知らないので、多分素直に楽しめているんだろうな。…確かに自分でも、キャラクターのリストラやデザインの変更をああも大胆にされたら、戸惑ってしまうだろうし。だから批判する人の気持ちは、判らんでもない。

その上でなお、この作品は楽しいと感じる。丁寧な作画や美術、オーソドックスな内容も「日没前の薄暮のような」世界観とマッチしていて良い。…作品の出自であるところの「げんしけん」の劇中劇としての、(斜に構えたと言うより)照れ臭いような雰囲気は、どこか愛おしい。

まあそれこそ、げんしけんメンバーみたいに会議を開いてまで語り合うような作品ではないかもしれないけど、「普通にいい」アニメだ。
posted by ぬきやまがいせい at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006.11.04

帝国陸軍情報部第3課 パンプキン・シザーズ

4話目まで見た。…うむ、戦車か!

と思ったら、別に主人公勢が戦車に乗る訳じゃないのか、なんだ。…まあ感じとしてはあれだな、「鋼の錬金術師」の軍の人らを主役にしたようなもんか。でも「戦後復興」という題材は面白い。アニメだと過去マクロスのTVシリーズ延長話のみが、取り扱っていた内容だと思うし。

戦車については…どうなんかね。技術レベルとしては、(現実に照らし合わせると)第二次大戦の「第1世代戦車」に相当するのかな。実際のスペックみたいなのは判らないからあれだけど、車体前側面に「傾斜装甲」が見られるし(ソ連のT-34が世界で最初に導入した)。

でも「成形炸薬弾」の開発は行われていないみたいで(人間突撃させるなら大口径の拳銃でなく、成形炸薬の吸着手榴弾持たせるわな)、発展段階は一様ではないようだ。…まあそんな事を考えながら見ているよ。

more reading
posted by ぬきやまがいせい at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

乙女はお姉さま(ボク)に恋してる

4話目まで見た。…実際見てみたら、ああ成る程と。要するに「服装倒錯(トランスヴェスタイト)」ものじゃなくて、「百合」ものの一変形なのね。

元々の原作が(本来のタイトルは「乙女」じゃなくて、「処女」と書いて「おとめ」と読む…なるほど)エロゲなので、視点主人公が属性対象となるような事は無い訳だな。ただそのお陰というか何と言うか、不思議と「百合」ものというニュアンスとしての体面が、逆に保たれている気がする。

要するに、「百合」と「レズ」は根本的に違うと(そう、前期の某作品見て感じた)。肉体的な交渉込みだと、もう完全に空気が変わってしまうもんだな。…だから本作空間内では、男女関係の存在自体が前提としてあり得ないため、逆にファンタジーに近い(つまり同性間交渉が不可能)。

…エロゲとしてのエクスキューズと(偶然にしろ)合致するのは面白い。
posted by ぬきやまがいせい at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006.11.03

BLACK BLOOD BROTHERS

4話目まで見た。

…最近のアニメや漫画の(勿論ラノベも)吸血鬼もの作品の主人公って、基本的に「最強キャラ」だからねえ。そのせいか「日光」や「流水」を弱点に持っているのは、久々に見たって気すらするよ。

「デイ・ウォーカー」って概念を最初に出したのは、「ブレイド」なのかなあ?…まあ最近の映画版で、一気に広まったって事なんだろうな。それ以降吸血鬼といえど、普通に昼間出歩いているのばっかりだし。

最初は強大な力や特別な存在である事の、謂わば「徴し」だったんだろうけど、最近は軒並みそんなで流石にアキアキ。大体「月光」だって日光を月面で反射しただけの同じ光じゃん、何が違うつーんだよ(…光量か)。

本作も内容的には…あー、何だけど、基本ってやっぱり大事だよね。
posted by ぬきやまがいせい at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

らぶドル〜Lovely Idol〜

4話目まで見た。くやしい…なんかこれ、結構面白い。

そりゃまあ、当然個人的な感想であって、他人には同意を求めるつもりは一切無いけど。…いや本作に関して言えばもう色々無茶だと思うし、何かねこれは?、と小一時間問い詰めたい気分にもなるのだけど。

そもそもストリートミュージシャンをスカウトしといて、いきなりモー娘。みたいなアイドル集団の一員に組み込むってどうなの?(本人納得してるんだから構わないって言えば構わないんだろうけど…すごいなあ)。あれか、ハードコアパンク・バンドのVo.をアイドルデビューさせるようなもんか?

音楽関係が題材だと(それが例えアイドル物であろうと)、個人的にかなり脳内バイアスがかかるってのを再確認してしまったかも。…いや、そんなのはとりあえずOPアニメがすごい好き。それだけで実は充分。
posted by ぬきやまがいせい at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

DEATH NOTE

4話目まで見た。

DEATH NOTEって多分本来は、DEATH「NOTE BOOK」って事だよねえ。辞書的には単に「NOTE」だけだと、メモや覚え書きっていう意味になるみたいだし(…また何かえらい細かい話しているけど)。

だから死神の持ち物の「アレ」に関する表書きとしては、そっちが正しいんじゃないかと思ったり。…でも本作のタイトルとしては、このままが逆にいいと感じる。「死の覚え書き」ってだけで意味が通じるし、何より「ハル・ノート」って有名な言葉(?)があるから、それを踏まえたような語感がいい。

本作も実際アニメとして見てみると、大変そうな小畑絵の再現を頑張っていてかなり見応えある。逆に作画が崩れると内容的につらいだろうなあ、とも思うけど。…まあでも、やっぱり実際面白いよね。
posted by ぬきやまがいせい at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

マージナルプリンス〜月桂樹の王子達〜

4話目まで見た。これ、原作ゲームの原画は甲斐智久だったんだ…ちょっと驚き。氏と言えば、「センチメンタルグラフティ」の人じゃん。その後もF&Cあたりでゲーム作ってたみたいだけど、こんな仕事もやってたんだな。

本作の原作は「携帯特化型ゲーム」とか言うらしい。毎回冒頭に、主人公が姉にTV携帯で連絡する場面から始まるのは、そういう事だったのか(自分はまたてっきり、ホテルの高嶋政伸のパロディかなんかだと…)。

まあ内容的には特にどうと言う事もないけど(…最近BLアニメにすっかり慣れて来た自分)、どうも甲斐氏描く男性キャラには、バリエーションが乏しい気がする。みんな似たようなロン毛で、モノクロにしたら見分け付きゃしない(センチの女の子は、結構描き分け出来てたのになあ…)。

…いやまあそれでも好きな絵師だから、なんかちょっと嬉しかったよ。
posted by ぬきやまがいせい at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006.11.02

ゴーストハント

4話目まで見た。

あー…この原作、買ったはいいけど読まずに積んでるやつだ(ホワイトハートで後になって出た、新シリーズのだけだけど)。一時期「十二国記」読んで面白かったので、買うだけ買っておいたんだったな。原作者の他作品も何冊か(推理ものとか)読んでみたけど、十二国以外はちょっと…正直合わなかったかなあ。まあ逆に言うと、「十二国記」は実際本当に面白い(…何やら続巻刊行が、今後怪しいみたいな事も聞くけど)。

でも見てみると、本作アニメ版はかなり良い感じ。作者も初期は意外に真っ当な少女向け書いてたんだなあ、とか思ってみたり。でもその上で、理知的に構築されたプロットに成る程と感心させられる。

…そういやこっちに出てた「エクソシスト」は、ちゃんと神父さんだったな。
posted by ぬきやまがいせい at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

RED GARDEN

5話目まで見た。

この作品については、「GANTZみたいなの」って言葉に出してしまうと、本当にそれだけで終わってしまうな。…ただそれだけじゃ、流石に色々取りこぼしてしまって、折角作品を語る上で勿体ない。

個人的にOP映像が非常に良いと思うのだが、ああした60〜70年代の「ファッションアート」的なアプローチは、当時制作者が思い描いていた以上にその本来のアイデアが映像に具体化されているようで面白い。…そうした垢抜けた感覚は本編の、最近制作された「海外ドラマ」より受ける印象に近い、物語の肌触りからも顕れているかもしれない。

GANTZが何だかんだでバトル中心の内容なのと比較して、本作は主人公達が自らの身に起きた理不尽な現実に対する疑問や憤り、そして諦観が丁寧に描かれていると思う。…それこそが実は見所なのかもね。
posted by ぬきやまがいせい at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

銀色のオリンシス

4話目まで見た。…なんかえらい80年代OVA臭がするな。メカ(特にビークル類)デザインのせいかね? かがみあきら風と言うか、「ワット・ポーとばくらのお話」みたいと言うか(…そんなの一体誰が知ってるんだ)。

あと、主役ロボ見て「魔境外伝レディウス」連想してしまった…何となく。いや確認してないから、ひょっとしたら全然似てないかもしれないけど。

それより曰くありげな存在の古川登志夫キャラを見て、「レア・ガルフォース」〜「地球章」を思い出したりなんかして(…あれ、こっちには出演してはいなかったっけ? バブルガムのレオンと間違えたかな)。

…まあそういう訳でよく判らんけど、なんだか懐かしい気持ちになってしまう作品だよ。こういうユルさも、案外楽しいんだけどな。
posted by ぬきやまがいせい at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

コードギアス 反逆のルルーシュ

4話目まで見た。すんごい面白いな、これ。

放送も始まらない頃から、事前の情報が色々あったもんで(特に、名物プロデューサー氏に関してとかさ…)変な先入観を抱いてしまったのだが。これって別に、レジスタンス活動の話でも思想的偏重の話でも何でもなく、デュマ的な「復讐譚」であり一種の「宮廷闘争劇」なんだな。

主人公の立位置や思考の立脚点を、純粋な個人的野心に置いたので、「メッセージ」要素が(仮にあったとしても)上品に隠蔽されていると思う。

そうした「目的」をはっきりと提示した上で、主人公独自の「能力をいかに使うか?」(発想次第で相当に飛躍した展開が期待出来る上、水戸黄門での印籠的役割も与えられる)が見せ場の焦点を成す。見事なアイデアだ。

まあ「ロボットアニメ」じゃなかったか…というのはちょっとだけ残念だけど。
posted by ぬきやまがいせい at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

Gift 〜eternal rainbow〜

4話目まで見た。

最近、「アニメ魂」作品の質が明らかに向上している。この枠は確か、初っ端の作品が「ダイバージェンスイヴ」で、次が「ゴーダンナー」だっけ? そこから比較しても、一時期は本当に無茶苦茶だったな。

まあ前期は実写ドラマ?(見てない)だったけど、更にその前の「西の善き魔女」は実際内容も良かったし。でも、こういうのは「たまたま」でしかないのかねえ。…本作「Gift」も(エロゲ原作ものだけに、当然好き嫌いはあるだろうとは思う)、作品の「質」自体は意外と悪くない。

ほんっとうに目新しさは皆無なのだが(こうもダ・カーポを連想させられるとはなあ…)「ギフト」というファンタジー要素としての、大仕掛けなガジェットがあるのにちょっと興味を引かれる。その工夫次第かねえ。
posted by ぬきやまがいせい at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006.11.01

D.Gray-man

5話目まで見た。

「ラ〜クリモ〜ザ〜♪」、ってChihiro S.のじゃないのか(またどうでもいい事を書いてるな…)。まあ今回例の人形の歌を聴いていて、脳が勝手に別の曲に変換して困ってしまった、というお話。

…この作品も原作は良く知らないのだが、最近の他ジャンプ漫画と同じに、設定的な「ずらし」があるのが面白いな。本作での「エクソシスト」に、キリスト教的な背景が無いというのは(…「海賊」が略奪行為をしなかったり、「死神」が刀振り回して仲間割れしているだけの集団だったり)。

まあ何かよくわからんけど、「ダークマター」って怖いもんだったんだなあ…とか(本来は電磁波的な観測には引っかからないけど、質量はあるから物質的な密度を持ったとしても、不思議じゃないのかな?)。
posted by ぬきやまがいせい at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006.09.19

王と鳥

観てみた、ポール・グリモー監督によるアニメーション映画。79年公開。

この夏(もう秋だ…)数々公開されたアニメ映画の中で、自分が実際劇場に足を運んだのが唯一これだというのが、いかにもで申し訳ない。本作は、絵の中から現れた羊飼いの少女と煙突掃除夫の少年との間を裂こうとする暴君の狂騒劇を、天に聳えるような高層宮殿を舞台に描いている。

これ前から観たかったんだよね。もちろん宮崎駿や高畑勲が、大きな影響を受けた作品として名前を挙げていたから(…当初は「やぶにらみの暴君」の題で公開され、後に監督自身の手により完全版「王と鳥」として完成する)。ソ連アニメ「雪の女王」や、フライシャー版スーパーマンとかな…

本作を実際観た印象は、結構眠いなあ、と。今のアニメのテンポに慣れすぎたせいかね。…でも宮崎作品のエッセンスが各所に見られたのが、それだけで面白くて仕方ない。風刺や思想なんかより、やっぱメカでしょ、メカ。
posted by ぬきやまがいせい at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006.09.10

天地無用 ! in LOVE2〜遙かなる想い〜

観てみた。劇場版第3作にして、ねぎしひろし監督版天地完結編。…特別な理由も無いけど、最近天地づいているかも。この映画はビデオが100円で売ってたから、まだ観てなかったのでたまたま買っただけだが。

…ある日を境に、天地の姿が人々の前から消えた。残された者は、それぞれの手段を講じて天地を追い求める。とある町にやって来た魎呼と阿重霞は、ついに天地の姿を認めるのだが…というお話。

個人的な話をいきなりすると、OVA三期の新キャラ・ノイケよりも、こっちのハルナの方がいいな(…いやなんか髪型が似てたもんだから、何となく比較)。まあ善人づらしているくせに、無神経に人んちにズカズカ上がり込んで来られるより、まだ悪役?然とされた方が受け入れやすいわな。

内容的には、「完結」と大々的に謳われる割にはなおざりにされるキャラが多くて何なんだけど、ひどくやるせない空気が祭の終わりを実感させる。
posted by ぬきやまがいせい at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006.09.08

とべ!くじらのピーク

観てみた、森本晃司監督によるアニメーション映画。91年公開。

…入江で傷ついた白い子クジラを見付け、秘密で世話をする事になる少年。だがそれをシーサーカス団に知られる事となり、強引に奪い去られてしまう。果たして少年は子クジラを海に帰す事が出来るのか…という内容。

見て驚いたのが、ビデオの画質のひどさ。色が完全に死んでいて、やけに画面が白っぽい。「ビデオ安売王」販売の廉価ビデオなので多くを望んでも仕方ないのだが(自分も今回60円で買ったし…)。何をどうすればこんな事になるのか(プリントとかマスタリング?)と、首を傾げてしまった。

作品としては、仲々良く出来た児童向け作品で楽しめる(物語を動かすため登場したいじめっ子に、行動の動機付けが無かったりするが)。それ以上に作風とマッチした、うつのみや作画が存分に堪能できたのがいい。
posted by ぬきやまがいせい at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006.09.06

ダロス

見てみた、押井守監督によるOVAシリーズ。

本作が記念すべき日本初…即ち世界初の、O.V.A.(オリジナル・ビデオ・アニメーション)作品になる。当時の販売価格がいくらだったか正確には判らないけど、アニメ1本に対して何万円も支払わなければならない作品メディアが、よく定着したもんだ(まあレンタルの普及あっての話か)。

本作は地球の植民地と化した月を舞台に、月面人と地球の守備部隊との闘いを描いている。…見ていて興味深かったのが、月面人によるレジスタンス活動の描写が映画「アルジェの戦い」や「鉄路の闘い」を連想させた事(制作に当たって、当然のごとく参考にしたんじゃないかな)。

まあそれ以上に、80年代作画を思いっきり堪能してしまったよ(ワカメ影バリバリのメカに、手足をピンと伸ばしたポーズで吹っ飛ぶロボ…)。
posted by ぬきやまがいせい at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

天地無用!第三期

見てみた。天地無用の一連の作品は…最初のTV版からまず見たんだったかなあ?(よく覚えていないけど多分)。だからOVAシリーズに、特にそう強い思い入れは無い訳で。…でも今回の新作を実際に見てみたら、確かにある時期の自分自身を思い出すようで、結構懐かしかったかな。

本作の内容は日常中心の、感じとしては二期の雰囲気に近い案外真っ当な作りだったかも。…ただストーリーの力点は飽くまでも新キャラに置かれているので、そういう意味では正直肩透かし。もっと旧キャラクター達の活躍を見たかった、というのが正直な感想なのだが、これまで散々複数メディアでやって来た話だけに致し方なかったのかな、とも。

…ところで天地OVAって、これで完結なんだよねえ? 盛り上がり今イチなのは確かに問題だけど、ラスボスぽい訪希深の目的も明かされたし、旧敵である神我人やクレーにも言及があったので、収まりは実は悪くない。
posted by ぬきやまがいせい at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ