2017.11.22

宮本武蔵 / 巌流島の決斗

観てみた。中村錦之助主演、内田吐夢監督映画。1965年公開。

吉岡一門との決闘で、少年までも手に掛けた武蔵。周囲から非道の者と責め苛まれる中、彼は伊織という父無し子と共に江戸へと出る。柳生但馬守から将軍家指南役を薦められたものの、子供を殺めた事で却下されてしまう武蔵。そんな時彼は予てよりの宿敵、佐々木小次郎からの果たし状を受け取り…という内容。

内田監督・中村主演による東映版武蔵の第5作。本作では有名すぎる巌流島(船島)での決闘が描かれるのだがシーンとしては僅か数分、立ち合いとしては一瞬という内容。でもその短い中に(前作から一点)青空を背負った海辺の情景に、名台詞や緊張感あるカット…という、名作に相応しい全てが込められている。

物語としては婆関連のサイドプロットが漸く片付いてホッとする反面、武蔵の内面的葛藤は晴らされぬまま終幕を迎える。これは武蔵自身が今後も背負う課題なのだろうし…そういう訳で錦之助武蔵の生涯は、「それからの武蔵」へと続く。

more reading
posted by ぬきやまがいせい at 23:07 | Comment(0) | 映画

2017.11.21

宮本武蔵 / 一乗寺の決斗

観てみた。中村錦之助主演、内田吐夢監督映画。1964年公開。

吉岡清十郎との立ち会いで、彼を一撃の下に倒した武蔵。だがそれが遺恨を呼び、彼の弟である伝七郎から命を狙われる。武蔵は三十三間堂での果たし合いで伝七郎も斬って捨てたのだが、吉岡一門の更なる怒りを買う事に。彼は小次郎の仲介で、73名もの敵との決闘に一乗寺へと向かうのだが…という内容。

内田監督・中村主演による東映版武蔵の第4作。シリーズ中最高傑作という呼び声も高いだけあって、クライマックスの決闘には驚嘆してしまう。…夜の暗がりから明け方へと徐々に移ろう情景の中、行われる壮絶な戦いをモノクロの映像で撮影し、ぬかるんだ田圃で泥まみれになってもがく圧倒的な場面に収めている。

一対多のチャンバラは本作で極まったと言えるものの、同じ錦之助主演のTVドラマ「子連れ狼」では、毎週の様に拝一刀が同じ位の人数斬ってるんだからある意味凄いわな(比較すんなよ)。…そういや武蔵も一刀も灰色顔のメイクだな。
posted by ぬきやまがいせい at 23:13 | Comment(0) | 映画

2017.11.19

宮本武蔵 / 二刀流開眼

観てみた。中村錦之助主演、内田吐夢監督映画。1963年公開。

武者修行の旅を続ける武蔵。だが次に手合わせの目標とする柳生石舟斎は、目通りすらも叶わない有様。何とか高弟四名と逢う事が出来たものの、弟子として連れていた小童・城太郎の起こした騒動で逃走する羽目に。一方ある船上では巌流・佐々木小次郎という剣豪もまた、吉岡一門と悶着を起こし…という内容。

内田監督・中村主演による東映版武蔵の第3作。二刀流開眼と銘打っているものの、劇的な展開がある訳でもないという。武蔵は脇に退き、代わりに周囲の人々の動向を追った繋ぎという感じ。…でも今回遂に登場するのがライバル剣士・佐々木小次郎で、若き日の高倉健さんが不敵・不遜に演じている辺りが見物。

彼は1956年のデビュー以来年10本程の映画に出演していたので、既に新人という事は無かっただろうけど…同年発表の「人生劇場 飛車角」が後の任侠作品の端緒だった事もあり、本作は端境期の作品として興味深く観られるのでは。
posted by ぬきやまがいせい at 22:29 | Comment(0) | 映画

2017.11.18

宮本武蔵 / 般若坂の決斗

観てみた。中村錦之助主演、内田吐夢監督映画。1962年公開。

3年間にも渡る自らとの戦いを経て武芸者として成長した武蔵は、新たに「みやもとむさし」という名前を得る。お通の懇願を振り切って単身武者修行の旅に出た武蔵は、槍術の名門寺・宝蔵院での手合わせに臨む。そこで相手を一撃の下に倒した彼だが、老僧日観師からの戒めに際して「敗北」を痛感し…という内容。

内田監督・中村主演による東映版武蔵の第2作。本作から漸く「むさし」を名乗り、ストイックに自らの剣を追い求める武蔵像が描かれる。なんか牢屋から出て来た時点で、いきなり強過ぎるんだけど…精神の成長=武道の成長って事か。

本作最大の見せ場は勿論「般若坂」での決闘だが…一対多の剣戟描写に関しては、後の一乗寺まで待たねばならない感じか。それでもずらりと居並んだ多勢を前に微動だにせぬ姿は、流石の錦之助武蔵。横長画面の構図の美しさは東映スコープの威力だが、お通の横移動を追った場面などはまるで絵巻物の様。
posted by ぬきやまがいせい at 23:30 | Comment(0) | 映画

2017.11.17

宮本武蔵

観てみた。中村錦之助主演、内田吐夢監督映画。1961年公開。

関ヶ原の合戦に豊臣側として参加し大敗を喫した、宮本村生まれの武蔵(たけぞう)。共に戦場より逃げ延びた同郷の又八は、世話になった母娘と共に去った。武蔵はその事を彼の祖母と、許嫁のお通に伝えるべく村へと戻る。だが多くの者の怨みを買ってしまった彼の前に現れたのが、和尚の沢庵で…という内容。

原作は宮本武蔵を題材にした小説としては最も有名な、吉川英治による長編。そして本作、内田監督・中村主演による東映版5部作(+1)は、武蔵映像作品の決定版とも言える存在。…本作は序盤の武蔵がまだ「むさし」じゃなかった頃の話なので華麗な二刀流は望むべくもないが、錦之助による暴れっぷりは凄い。

それより印象として強烈だったのは、伊福部昭の音楽。乱闘から馬での速駆けへと推移する場面での音楽の連動なんか実に鮮やか。でも2作目から最後の「巌流島」まで小杉太一郎にバトンタッチされてしまうんだけど…ちょっと残念ね。
posted by ぬきやまがいせい at 22:55 | Comment(0) | 映画

2017.11.15

湯を沸かすほどの熱い愛

観てみた。宮沢りえ主演、中野量太監督映画。2016年公開。

夫・一浩の失踪で、休業中の銭湯に暮らす幸野双葉。ある日体調を崩した彼女が医者に告げられた病名は、あと余命数ヶ月の末期癌。その日から彼女は夫を連れ戻し、学校でいじめ問題を抱える娘・安澄を立ち直らせる。更に一浩が愛人に押し付けられた少女・鮎子を加えて、銭湯を再開するのだが…という内容。

本作は中野監督の商業デビュー作だが、日本アカデミー賞で宮沢と娘役の杉咲花に与えられた最優秀主演・助演女優賞を始め、各映画賞で高く評価された。病気にいじめ、失踪や聾唖等とまるで不幸のカタログみたいな内容なんだけど…個々の問題には深入りしないので、成程「コメディ」として観る事が出来る。

だからお涙頂戴的に闘病物として観てしまうと、よくある話でしかないが…良くも悪くも軽さが持ち味の作品なので、リアリティの面からだと?となる様な描写も、本作ならではの距離感の顕れだろう。…煙突の上から眺望する様な「距離」だね。
posted by ぬきやまがいせい at 22:54 | Comment(0) | 映画

2017.11.14

日本侠花伝

観てみた。真木洋子主演、加藤泰監督映画。1973年公開。

大正時代。近藤ミネは駆け落ち相手の大浜実と違法販売を行った列車内で、代議士を殺害した田中清次郎に遭遇する。その後警察の取り調べや実家へと連れ戻された大浜との別れを経て、ミネは恩人である長田金造と祝言を挙げる。長田組の姐さんとなった彼女の前に、再び現れたのは清次郎で…という内容。

60年代の東映で時代劇や任侠物の名作を手掛けた加藤監督が、東宝に場所を変え撮影した作品。当時やくざ映画は既に実録路線へと舵を切った後だが、本作も変わらず叙情味に溢れる任侠映画となっている。変わらずと言うか…渡哲也による斬り合いは生々しいし、真木の受ける拷問シーンは真に迫った描写。

どちらかと言うと本作も「女の一代記」物みたいな話だけれど、後の「極道の妻たち」シリーズ等に先鞭を付けた内容と言えるのかも。…ただもうとにかく画面の構図が全編日本画の様に美しく、後続がどれ程真似ようと追随を許さない。
posted by ぬきやまがいせい at 23:24 | Comment(0) | 映画

2017.11.12

家族はつらいよ

観てみた。橋爪功主演、山田洋次監督映画。2016年公開。

東京の一軒家で三世代が同居する平田家の長・周造。少々無神経で口の悪い彼はある日、長年連れ添った妻の富子から離婚の意志を告げられる。大いに動揺する周造と平田一家。そこで家族を集め会議をする事になったのだが、その場に事情も知らないまま現れたのが、孫の庄太と恋人の憲子で…という内容。

山田監督による21年振りとなる喜劇映画。2013年の「東京家族」と同じキャスト陣を起用し(劇中では同作のポスターも映る)、タイトルは同監督の代表的シリーズ「男はつらいよ」からの借用と、セルフパロディ的な内容ともなっている。

そういう作品なので、割合軽い気持ちで観ればいいのだろうけれど…正直あまり笑えなかったな。そりゃまあ渥美清みたいな、いるだけで面白い空間が出来てしまうレベルの役者が不在なのだから仕方ないが(その不在故に21年もの空白があったのだろうし)。とは言えこのまま「軽く」続けるのはいいかもしれない。
posted by ぬきやまがいせい at 22:59 | Comment(0) | 映画

2017.11.10

4デイズ・イン・イラク

観てみた、クシシュトフ・ウカシェヴィッチ監督映画。2015年公開。

2004年、多国籍軍による平和維持を目的としてイラクに派遣されたポーランド部隊。だが到着間もなくの戦闘での命令違反の廉により、衛生兵グラドはカルバラ市庁舎に拘留される事に。そんな時同市はシーア派民兵による猛攻撃を受け、守備をしていたポーランド軍とブルガリア軍は孤立してしまい…という内容。

4日間に渡って繰り広げられたという、「カルバラ・シティホールの戦い」の実話を題材にしたポーランド製戦争映画。…同国と言えばワイダ監督を始めとする抗独戦争映画のイメージだけど、近年でも激しい戦闘に関わっていたんだな。

本作ではポーランド軍や民兵の使う兵器をその当時のまま再現し、手持ちカメラや立ち籠める土埃等による臨場感ある描写に見応えが。まあ少々地味と言えば地味だし、衛生兵の活躍が安直と言われれば安直かもしれないけれど…それでも知られざる戦闘を、意外な国からの視点で知る事が出来るのは興味深い。
posted by ぬきやまがいせい at 21:26 | Comment(0) | 映画

2017.11.09

イヴ・サンローラン

観てみた、ジャレル・レスペール監督映画。2014年公開。

ディオールの死後を引き継ぎ、一躍トップデザイナーとなったイヴ・サンローラン。ところが彼は徴兵の際軍内で受けたストレスから心神耗弱状態に。そんな彼も支援者で同性愛のパートナーでもある、ピエール・ベルジェの協力で自身のブランドを立ち上げる。しかし一見順風満帆に思われた彼の活動も…という内容。

筆者ですら名前くらいは聞いた事がある、実在のファッションデザイナーを題材にした伝記映画。彼は40年に渡りモードの最前線で君臨したが、本作はデビューしてからの比較的短い期間を採り上げている。まあそれもサンローラン役ピエール・ニネの演技が出色で、彼が担当できる範囲に絞ったのは好判断だろう。

また60年代からのファッションや文化の流れが素敵で、そういう辺りこそ主に見せたかったのかも(個人的にはジャン・コクトーの登場なんかおおと)。同性愛描写にもかなり踏み込んでいて驚くけど…色々な意味で興味深い作品ではある。
posted by ぬきやまがいせい at 22:52 | Comment(0) | 映画

2017.11.08

42 / 世界を変えた男

観てみた、ブライアン・ヘルゲランド監督映画。2013年公開。

第二次大戦が終わって間もない頃。黒人野球選手・ロビンソンは、ブルックリン・ドジャースからのスカウトを受ける。黒人初のメジャー選手となる彼は球団マネージャーのリッキーに、白人主導の野球界から激しい抵抗を受けるだろうと釘を刺される。かくして彼は遂に、メジャーの舞台へと臨んだのだが…という内容。

アフリカ系では最初のメジャーリーガーとなった、ジャッキー・ロビンソンを描いた実話映画。題名の「42」とは彼が付けた背番号で、現在では全球団で永久欠番。更に4月15日は彼の記念日として制定されている。…という事がエピローグで語られるんだけど、正直淡々とした内容の本編よりも感動的だったかもしれん。

とは言え実際にあった話だけに、そこには真実の重みというものがある訳で…スポーツ映画的な盛り上がりを期待するのは的外れだわな。マネージャー役を演じたハリソン・フォードが、いるだけで面白い感を醸し出してるのはズルイ。
posted by ぬきやまがいせい at 22:37 | Comment(0) | 映画

2017.11.05

月光仮面 THE MOON MASK RIDER

観てみた。桑原大輔主演、澤田幸弘監督映画。1981年公開。

多くの若者を集める、教祖・竹林賢法率いるカルト教団。理想郷の建設を謳う彼らには、覆面で大金の強奪を行う「レッドマスク団」という裏の顔があった。そんな彼らの前に立ち塞がったのが、白いマスクを着けバイクを駆る「月光仮面」と名乗る謎の男。彼の活躍の前に教団の計画はことごとく潰されて…という内容。

1950年代にTV放映され大変な人気を博した「月光仮面」を、再び甦らせた劇場映画。リメイクではなく作品内でも20年を経た復活という形だが…オウム事件に10年以上先駆けカルトによる犯罪を描いた辺り、今回脚本も担当した原作者・川内康範先生の着眼点は鋭い(因みに本作では、音楽まで担当している)。

作品の雰囲気自体は「傷だらけの天使」や「探偵物語」辺りの日テレ系ドラマに、月光仮面を投入した感じなのが同時代性(探偵〜は前年の放映)を忍ばせて興味深い。それ故子供向け的派手さはないものの、結構面白く観られたな。
posted by ぬきやまがいせい at 22:51 | Comment(0) | 映画

2017.11.04

ネバーランド

観てみた、マーク・フォースター監督映画。2004年公開。

新作が酷評を受けたばかりの劇作家ジェームズ・バリ。失意の中出掛けた公園で彼は、未亡人シルヴィアが連れた4人の息子達、デイヴィズ一家と出逢う。その後も一家との交流は続き、特に三男のピーターには新たな劇の登場人物への大きな示唆を得る。ところがそれが彼の妻との関係に不興を呼び…という内容。

「ピーター・パン」の作者として知られる、バリの実話を元にしたという作品。細部で多少事実とは異なる点がある様だけど(実際のモデルになった少年は「ピーター」という名前ではなかったらしいとか)、これは話を判りやすくする為だろう。

主人公を演ずるジョニー・デップにしてはエキセントリックさ控えめという印象だが、現実からファンタジーへと軽やかに飛び越える水先案内人として適役。個人的には「ケンジントン公園のピーター」「ピーターとウェンディ」とも読んでいたので判った様な気になってたけど、秘められた逸話を知る事が出来てよかった。
posted by ぬきやまがいせい at 22:29 | Comment(0) | 映画

2017.11.03

最高の人生の見つけ方

観てみた。J・ザッカム脚本、ロブ・ライナー監督映画。2007年公開。

並外れた知識を持つ黒人機械工・カーターと、変わり者の大富豪・エドワード。偶然同じ病室でベッドを並べる事となった彼らは、病気で2人とも余命幾ばくもない旨宣告される。互いに意気投合した2人は「残りの人生でやっておきたい事」のリストを作り、それを1つずつこなすべく世界中を巡るのだが…という内容。

本作の公開後、同監督により「最高の人生のはじめ方」「最高の人生のつくり方」という作品も作られているが、内容的には特に関係はないらしい。…紛らわしい事この上ないけれど、まあセガールの「沈黙の」ナントカみたいなものだろう。

内容自体は、モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの共演で描くハートフルストーリー。観光/冒険映画的要素もあるものの、最終的には人生賛歌/家族愛という辺りに着地する。そちらに加えて小技を効かせた脚本や、男同士の友情も見所ではあるけれど…個人的には正直、その行儀の良さがどうも退屈でなあ。
posted by ぬきやまがいせい at 23:10 | Comment(0) | 映画

2017.11.01

47RONIN

観てみた。キアヌ・リーブス主演、カール・リンシュ監督映画。2013年公開。

サムライの世界の物語。カイは少年の頃、赤穂の国の武士・大石内蔵助に命を救われるも、虐げられて暮らす。そんな時赤穂城主・浅野内匠頭が、吉良上野介の手の者である妖狐の化身による幻術に惑わされ、彼に斬りかかってしまう。将軍の沙汰で浅野は切腹、大石も1年の間地下牢で折檻を受け…という内容。

日本では「忠臣蔵」として有名な、赤穂事件を題材にしたハリウッド映画。なんだけど史実を再現した訳ではなく、ファンタジー調にアレンジされている。感じとしては米国版角川「里見八犬伝」と言うか「忠臣蔵外伝 四谷怪談」とでも言うか…これどっちも深作欣二監督か。まあ深作テイストに溢れた超大作B級時代劇。

それでも意外と概要自体は忠臣蔵を踏襲していて、最期に(キアヌ含めて)全員切腹で果てるというのは良くも悪くもハリウッド作品的ではないよなと。…色々とチグハグな映画ではあるものの、すごい珍品を作ってくれたものではある。
posted by ぬきやまがいせい at 21:55 | Comment(0) | 映画

2017.10.29

ミュンヘン

観てみた、スティーヴン・スピルバーグ監督映画。2005年公開。

1972年ミュンヘンオリンピック開催中に起きた、パレスチナゲリラによるイスラエル選手11名の殺害事件。イスラエルの情報機関モサドはテロ首謀者11名に対する報復を決定し、アヴナーを中心とするチームを編成する。標的を1人また1人と暗殺していく生活の中、彼らもまた精神的に追い詰められて…という内容。

実際に起きた事件を題材にしたジョージ・ジョナスのノンフィクションを原作とする映画だが、事実関係を巡ってイスラエル側やパレスチナ側、様々な立場の人から賞賛や批判を浴びたという問題作。…まあ個人的にはフォーサイスのスパイ小説ばりの暗殺作戦が、国家的規模で繰り広げられたというだけで興味深い。

イスラエルとその周辺の関係は現在も尚決着を見ない問題だけに、本作も気持ちよく終わりを迎える訳にはいかないが…その分同監督作としては、最も現実からの地続き感があるかもしれない。まあ同年の「宇宙戦争」と較べればそりゃ。
posted by ぬきやまがいせい at 22:05 | Comment(0) | 映画

2017.10.28

ダンディー少佐

観てみた、サム・ペキンパー監督映画。1964年公開。

騎兵隊の部隊が、酋長チャリバ率いる米先住民の襲撃を受けて全滅した。北軍ダンディー少佐は志願兵を募って討伐隊を編成するのだが、砲兵を始め黒人や脱走兵、更に彼とは因縁深い南軍のタイリーン大尉の姿もあった。メキシコでの任務は困難を極め、しかも仏軍との衝突まで引き起こしてしまい…という内容。

ペキンパー監督の第3作だが、編集権を巡ってプロデューサーと対立し、その後数年映画界から干されるきっかけになったとの事。…その問題の劇場公開版の他には(筆者が今回観た)「修復版」や、ディレクターズカット版が存在する。

3作目にして彼らしさが出て来たというか、埃まみれの汗臭い登場人物や死体/出血描写。特に河を挟んでの砲撃〜騎馬戦は(スロー映像こそ無いものの)バタバタ転がる馬の群れを始め、圧倒的な暴力と死が繰り広げられ目が釘付け。…取って付けた様なラブロマンスこそ余計ながら、その後へとつながる重要作。
posted by ぬきやまがいせい at 23:16 | Comment(0) | 映画

2017.10.26

荒野のガンマン

観てみた。B・キース主演、サム・ペキンパー監督映画。1961年公開。

南北戦争の頃、受けた傷の復讐相手を捜すイエローレッグ。彼は酒場で助けたタークが、まさにその男だと確信する。イエローレッグはタークに、ビリーを加えて銀行を襲う計画を持ちかけた。だが銀行には強盗の先客がおり、その際撃ち合いでイエローレッグは、キットという女の息子を誤射してしまい…という内容。

原作はA・S・フライシュマンの小説で、自身脚本も担当している。それより本作はペキンパーの映画監督デビュー作として知られている。元々TV西部劇の脚本や演出をしていたので、作品の手際自体は意外に堂々としたものだけど…

内容自体は正直凡庸な出来。それよりこの脚本ひょっとしたら、ジョン・ウェインを想定して「当て書き」したんじゃないかなと。主演のキースの風貌からしてウェインにちょい似だし、強引すぎる主人公の行動などまさにそんな感じ。…ガンアクションを期待したら肩透かしだけれど、ペキンパーのルーツに興味がおありなら。
posted by ぬきやまがいせい at 22:46 | Comment(0) | 映画

2017.10.24

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

観てみた、W・ヴェンダース監督によるドキュメンタリー映画。1999年公開。

Ry Cooderがキューバ音楽のベテランミュージシャンと共演し、1997年に発表したアルバムが「Buena Vista Social Club」。本作はNY等で行われたコンサートの風景や、彼ら自身が語る音楽家としての来歴を交えて描く…という内容。

Ry Cooderはヴェンダース監督の作品「パリ、テキサス」や「エンド・オブ・バイオレンス」の音楽を担当しているので、当時既に馴染みのお仲間。元々音楽とは関わりが深かったけれど、2000年代以降の同監督が主にドキュメンタリーを中心に手掛ける様になったのは、本作が最初の切っ掛けだったのかもしれない。

この頃米国とキューバは難しい関係にあった為、現地ミュージシャンの動向は全く藪の中だったらしい。そこに光を当てたCooderの活動や本作は画期的だった。カストロ議長死去後の今となっては過去の話かもしれないけど…海を越え広がる音楽というのはやはり感動的。まあ単純に気持ちいい演奏に浸るのもいい。
posted by ぬきやまがいせい at 22:36 | Comment(0) | 映画

2017.10.23

ザ・ローリング・ストーンズ / シャイン・ア・ライト

観てみた、M・スコセッシ監督によるドキュメンタリー映画。2008年公開。

1962年英国で結成され、現在も活動中のロックバンド「The Rolling Stones」。本作では彼らが2006年に米ビーコン・シアターで行ったチャリティ・コンサートの模様に、バックステージや過去の記録映像を織り交ぜて描く…という内容。

以前紹介したBob Dylanの映画を始め、同監督は音楽ドキュメンタリーを何本も手掛けている。今年で結成55年を迎えたストーンズは、題材にするにはもってこいの対象だろう。ただストーンズが過去に発表した同系の映画…「ギミーシェルター」や「コックサッカー・ブルース」と比較したら、特別面白味は無い様な。

逆に言えば既に老境を迎えて久しいバンドメンバー(映画を見る限りとてもそうとは思えないが…)の今現在をそのまま映像に収めた、それだけで価値を持つ作品だろう。「存続」や「継続」に関するコメントの過去映像を合間に挿入する事で、異例中の異例とも言える同バンドが過ごした「時間」を浮き彫りにしている。
posted by ぬきやまがいせい at 22:57 | Comment(0) | 映画